循環器について

循環器について

動物も高齢化に伴い、心臓疾患も増加しています。
心臓とはポンプのように絶えず収縮を繰り返し全身に血液を送り出す臓器で、生命を維持するために非常に重要な役割を担っています。その大切な心臓に影響を及ぼす病気を治療するためには、その形態や機能を測定する必要があります。生体・機能検査は、病気の状態を正確に把握し、治療方針を決定する上でとても重要です。早期に異常を見つける事により、治療ができる病気はたくさんあります。

循環器系疾患の主な検査 (診療の流れ)

1.まず問診で心臓病による症状が出ていないかお伺いします。
2.一般的な身体検査に加え、聴診による心拍数および雑音の程度を判断します。
正確な診断をする為に必要な検査を提案させて頂き行います。
検査は動物の状態により、以下の検査を組み合わせます。
・血液検査
・血圧測定
・心電図検査
・レントゲン検査
・超音波検査
3.検査結果を基づき説明させていただき、治療方針を決定します。

病気を治すには、身体の状態を正しくしることが必要です。大半の心臓病は心音に雑音が聴取されます。しかし、病気によっては雑音が聞こえない心臓病も存在するため、定期的な健康診断をお受けいただくことをお勧めいたします。
心臓検査は予約制となります。事前に予約を取っていただきます。

検査からその結果に基づいた説明までおよそ1時間程度かかります。

当院は鳥取大学獣医内科学教室教授の日笠先生の師事を仰ぎ、循環器に力を入れて診察を行っています。心臓の病気について心配事があれば気軽にご相談下さい。

side_inq01.png